読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別就労支援センター ココカラ

茨城県指定障害福祉サービス事業所「特別就労支援センター ココカラ・ココカラnext」のブログです。

『未体験』が体験できる場所

ココカラのスタッフ、鎌田です。
 
今日はカモス農園さんの農業で、利用者と一緒に生姜の収穫作業をしてました。
 

f:id:tss-cocokara:20151019190654j:image
 
 
青空の下、作業のやり方を教わりました。心地よい風が吹いて気持ちよかったです(^^)
 
作業をしながら利用者さんがいろんなことを話してくれました。
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
『私はこれまで工場の作業者として働いてきました。
 
農業の体験は初めてでしたが、土に触れたりしてよい体験ができました。
 
ココカラのプログラムはこれまで経験したことがないことを体験ができることが魅力ですね。
 
未体験の体験はよい刺激になって普段考えないことをたくさん考えました。』
 

f:id:tss-cocokara:20151019190716j:image
(休憩時の様子)
______________________________
 
 

僕もココカラは『刺激』の場だと考えてます。

 
ココカラは作業のスペシャリストを育成する場ではありません。
 
どんな仕事や職業に就いても、必要とされる人を育成する場を目指しています。
 
そのためには様々な体験(経験値)が必要であると考えてます。
 
しかし、未体験の体験には勇気が必要です。
 
僕自身、しょうが焼きは食べたことがありますが、生姜の収穫作業は初めてで緊張しました。
 
未体験の中に、感動があり、
未体験の先に、未来の可能性がある。
 
「やってみたら以外とできた!」なんてことも少なくありません。
 
すべてはやってみないとわかりません。
 
結果、こんなたくさんの生姜を収穫できました(^^)
 

f:id:tss-cocokara:20151019190811j:image
(米袋いっぱいに詰まった収穫されて生姜です)

f:id:tss-cocokara:20151019190831j:image
 
利用者さんが安心して一歩を踏み出せるように、行動で勇気を与えていきたいです。
 
そして、利用者さんと一緒に社会から必要とされる人を目指してしていきます。
 
ココカラのスタッフ、鎌田でした(^^)