読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別就労支援センター ココカラ

茨城県指定障害福祉サービス事業所「特別就労支援センター ココカラ・ココカラnext」のブログです。

真夏の快眠法

 

暑い夏の夜を乗りきる快眠法

 

f:id:tss-cocokara:20150730090114j:plain

 

体温が下がらないと寝付けない

人間はふつう夜になると体温が低下していき、スムーズに眠りにつくことができます。しかし、熱帯夜などの気温が高い環境では体温が下がりにくく、よい睡眠が得られにくくなります。したがって、夏の暑い夜に快眠を得るためには体温をいかに下げるかということが重要になってきます。

エアコンをうまく利用する

夏の夜には寝室でもエアコンを利用されている方も多いと思います。エアコンは夏の夜を乗り切るには必須のアイテムです。しかし、使用にあたって注意点が2つあります。

寝る2~3時間前から使用する

寝室でエアコンを使う場合寝る直前につける方がほとんどではないでしょうか。エアコンを使うと寝室の空気はすぐ冷えますが、室内の壁や家具が冷えるのに少なくとも2~3時間かかります。壁や家具を十分に冷やしておかないと、エアコンが止まった途端に壁や家具にこもった熱によって心室内の空気が暖められ、寝室内の室温がすぐにあがってしまいます。エアコンが切れた後に暑くて目が覚めたという経験をお持ちの方は壁や家具が冷やされていないということが原因として考えられます。

タイマーを利用する

暑い夜には一日中エアコンをつけて寝る人もいるかと思います。また途中暑さで目が覚めしまい、タイマーを利用せずエアコンをつけて朝まで寝たという経験をお持ちの方も多くいらっしゃるかと思います。

 エアコンをつけたまま寝ると睡眠の後半で睡眠中にかいた大量の汗が蒸発して体が冷やされ、体温が急激に低下してしまいます。そうすると起床時間になっても体温が十分に上昇していないので、体がだるく、朝からぐったりと疲れが残ります。

 タイマーを利用し、睡眠前半にエアコンを利用すると深い睡眠が妨害されることなく、快適に眠れるだけでなく、朝起きた時のだるさも防ぐことができます。

 湿度にも気をつけよう

室温ばかりに気をとられがちですが、湿度も重要になってきます。体温を下げることがよい睡眠には必要不可欠ですが、湿度が高いと汗が蒸発せずに体温が下がりにくくなります。除湿を行い、室内の湿度が50%~60%になるように調整するとよいでしょう。また湿度が快適に保たれているとエアコンの効きも違ってきます。

アイス枕を利用する

エアコンは体によくないのでできるだけ使いたくない方や電気代が気になるのでできるだけ使用は控えたいという方にはアイス枕がオススメです。 アイス枕で頭を冷やすことで体温が下がりやすく睡眠の質が向上します。タオルに巻いて冷たさや枕の高さを調整して使いましょう。

f:id:tss-cocokara:20150730090221j:plain

 

まだまだ暑い日が続きますので、暑い夏の夜を乗りきる快眠法 を参考にしてみてください。

(廣瀬)

広告を非表示にする