読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別就労支援センター ココカラ

茨城県指定障害福祉サービス事業所「特別就労支援センター ココカラ・ココカラnext」のブログです。

Google訪問

こんにちは。スタッフの鬼澤です。

4月23日に施設外就労先である一石屋さんのお誘いで、

利用者さんと共に六本木のGoogle本社へ見学に行ってきました。

その時の様子をちょっとだけ紹介したいと思います。 

 

 

 

Googleのオフィスは26F〜30Fにあります。

今回は30Fから順に紹介していただきました。

案内してくれたのは営業担当の方で、

YouTubeの動画の冒頭に出てくる広告の営業を行っているそうです。

 

<30F>

Googleではそれぞれのフロアにテーマがあり、

オフィス内にある会議室などにはすべてテーマに添った名前がついています。

30Fのフロアテーマは星座なので、部屋には『オリオン』などの星座の名前がついています。

 

さて、Googleの創設者であるラリー・ペイジは、社員が効率よく仕事をするために大切なことは、

常にお腹いっぱいであることだと考えたそうです。

そのためGoogle本社の中にはミニキッチンと呼ばれるスペースがあり、

自由にお茶を飲んだりお菓子を食べたりすることができます。

一説には半径40m以内に1つはあるように設置されているそうです。

参考画像

f:id:tss-cocokara:20150511040501j:plain

 とてもオフィスとは思えない…。

 

また、オフィス内にはいたるところにソファーがおいてあり、

社員のみなさんはそこに座って、まるでリビングでくつろいでいるかのようなスタイルで仕事をしていました。

(中身はすんげー高度なことやっているのでしょうけど)

 

<29F>

フロアのテーマは映像用語です。

会議室には『ロケハン』などの名前がついています。

 

29Fには最近できたばかりの『YouTuber専用スタジオ』があります。

動画と撮るための設備や機材が整っていて、

YouTuberの方が実際にここに来て動画を撮ってアップしたりしています。

YouTuber専用なので見学者の僕たちが入れないのは最もですが、

なんと社員の方も入ることができないそうです。

写真撮影がOKなのもロビー部分のみでした。残念。

f:id:tss-cocokara:20150511041221j:plain

 

<28F>

フロアのテーマは植物と果物です。

28Fには日替わりで多国籍料理が食べられる食堂がありました。

マイナーな国の料理の時は食べる方が少ないそうです(笑)

 

ここで小話を一つ。

Googleではコピー機から出力された紙の枚数をデータ管理しているそうです。

そして、全世界のGoogleオフィスにおいてあるコピー機の出力枚数の統計をとったところ、

東京オフィスの28Fにおいてあるコピー機が最も多かったそうです。

他国「日本は資源を使いすぎだ!」

そこで情報のやりとりを紙媒体て行うことをやめ、

極力デジタルで行うようにしたそうです。

 

<27F>

フロアテーマ、忘れました(笑)

 

27FにはGoogleアースを使った巨大なモニターがありました!

東京にいながら世界中を旅している気分になれます。

 

 

余談ですが、オフィスの中には卓球台やダーツ、

電車でGOなど、ちょっとした遊べるものが置いてありました。

誰も遊んでいる社員の方はいませんでしたけれども…。

 

<26F>

残念ながら時間の都合上見学することができませんでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最後にGoogleの社員3名の方とお話する時間を設けていただきました。

案内をしてくれた営業担当の方、秘書、エンジニアの方です。

 

30分ほどお話をしたのですが、特に印象的だったことは…

Q.Googleで働く面白さはなんですか?

に対して、

A.①一緒に働く人たちが魅力的である。

 →Googleでは採用の段階で厳しい審査を行っているそうです。

  そのため、社員の皆さん意識が高く魅力的な人が多いそうです。

 ②ある程度自由に仕事をさせてもらえる。

 →Googleでは年齢などの縦の力関係が非常に弱いそうです。

  そして、普通の会社だったら企画書を提出して、

  伝言ゲームのように上司の許可をとらないといけないですが、

  Googleでは直属の上司に一言いえばとりあえずやらせてもらえるそうです。

  そしてそして、グーグルグラスの試作品を作った時、

  案が出てから試作品第一号ができあがるまで2時間しかかからなかったそうです。

  社員「とりあえずあるものをつなげてやってみようか」

  だったそうな。

  なんというスピード。

  そのほかには、

  ③Googleという大企業で共通のミッションに参加しているという意識。

 ④海外とのつながりや、世界レベルでの問題解決。

ということでした。

さすがグローバル企業。

 

またGoogleは仕事も遊びも本気だそうで、

Googleダンス部では大きな大会にも出場しているそうです。

そして…

f:id:tss-cocokara:20150511143143j:plain

こんな感じの自動販売機の液晶モニターで、

社員の方々が踊っている動画がながれていました。

なんという遊び心!

 

さらに、今年の4月1日にはこんな動画がアップされています。

www.youtube.com

 

…騙されないように(笑)

 

こんな感じで1時間半の見学はあっという間に終わってしまいました。

丁寧に案内していただいた社員の方に感謝です。

世界のトップがどんな企業なのか見学できて、本当に貴重な経験ができました。

 

最後にちょっとうれしいものをいただきました。

f:id:tss-cocokara:20150511145712j:plain

Googleの名刺です。

なんかうれしい(笑)

 

スタッフ 鬼澤

 

 

広告を非表示にする