特別就労支援センター ココカラ

茨城県指定障害福祉サービス事業所「特別就労支援センター ココカラ・ココカラnext」のブログです。

みんなで稲刈り!!

 

10月初旬、メンバーとスタッフ総勢40名で稲刈りをしました!

 

f:id:tss-cocokara:20181016104758j:plain

実るほど頭を垂れる稲穂かな、ということわざもありますね。

 

台風もあり、ちょっと垂れすぎている稲もありましたが…

しっかり収穫の日を迎えられたことに感謝です。

 

f:id:tss-cocokara:20181016110140j:plain f:id:tss-cocokara:20181016110107j:plain

f:id:tss-cocokara:20181016110314j:plain f:id:tss-cocokara:20181016101842j:plain

前日の雨でぬかるんでしまい、足場が悪い中でしたが、

稲刈り組、運搬組と別れて、みんなで協力して作業していきました。

 

 

刈った稲は、『おだがけ』といって、

竹で柱を作ったものに、天日干しをしていきます。

 

まずは、稲を束にして、藁(わら)で縛る作業。

f:id:tss-cocokara:20181016110803j:plain

 

できるようになったメンバーは他の人に教えてあげています。

束ねる稲の量、縛り方、縛る位置、緩まないように縛れているかなど、

ひとつひとつ確認していきます。

f:id:tss-cocokara:20181016111836j:plain

 

 

束ねたものは、竹で作った柱に干していきます。

f:id:tss-cocokara:20181016112903j:plain

f:id:tss-cocokara:20181016113007j:plain

これで完成。

 

 

初めてみんなで田植えをしたのが5月。

そこからすくすくと育った稲をみんなで収穫できました。

 

天日干しが終了したら、今度は脱穀して精米。

みんなで作ったお米を食べる日が待ち遠しい!

 

f:id:tss-cocokara:20181016103603j:plain

f:id:tss-cocokara:20181016112635j:plain

稲刈り Fin。

 

 

 

 

 

ヤングボランティア・スタディーツアー①

こんにちは!

 

初めてブログを書きます。スタッフのヒラカワです!

 

私たちは毎年ウナロムプロジェクトという団体が主催している、ヤングボランティア・スタディーツアーに参加しています。

 

ヤングボランティアツアーとは

 地域の若者がアジアの貧困や障害などの困難を抱える子どもに「私たちにできることは何か」を考え、現地を訪れ交流会やワークショップや支援品を届けながら、五感で現地の子どもの状況を理解することを目的としています。

 また、帰国後は多様な発信活動を行い、地域に報告します。地域社会に参加する活動体験を通じて、自信を高め、将来のボランティアリーダーを目指す若者や、不登校、引きこもり、発達障害などの課題を克服して社会に参加する「架け橋」となることを目的としています。

 

と、まぁ難しい説明が続きましたが、具体的に今年はどんなことをしたかと言いますと

 

8月3日~9日までの7日間、ベトナムホーチミンカンボジアプノンペンシェムリアップ、3都市の孤児院や障がい者施設を訪れボランティアを行ったり、博物館や遺跡の見学、貧困地域の家庭訪問などなど、文化や歴史、そして人々の暮らしに触れる体験をたくさんしました。

 

今回ははじめに訪れたベトナムホーチミンでの活動を紹介します。

 

はじめに訪れた場所はベトナム戦争博物館。外観はこんな感じです。

f:id:tss-cocokara:20180928110242j:plain

 

ベトナム戦争で実際に使用された、戦車や戦闘機がたくさん展示してありました。

f:id:tss-cocokara:20180928110315j:plain

 

戦争の悲惨さ生々しく物語る写真や武器、遺品などがたくさん展示されています。

f:id:tss-cocokara:20180928110935j:plain

 

目を覆いたくなるような写真もあります。

f:id:tss-cocokara:20180928110622j:plain

 

戦争の影響により障害をもって生まれた人たちが、博物館で働いている様子。

f:id:tss-cocokara:20180928112757j:plain

 

深い怒りや悲しみ、憤りがあり、それとともに二度と同じ過ちを繰り返してはいけないという強いメッセージと、未来への希望を感じ取ることができました。

 

 

次は孤児院に訪れました。

f:id:tss-cocokara:20180928113821j:plain

大きくてキレイで少し途上国の孤児院のイメージとは違いました。

 

f:id:tss-cocokara:20180928114556j:plain

中には教室もあり教育も受けることができます。

 

いよいよ子どもたちとの交流会です。

今回のツアーで初めての現地の人たちとの交流で、みんな少し緊張気味でした。

f:id:tss-cocokara:20180928115132j:plain

自己紹介をした後、みんなでマルマルモリモリを踊りました。

f:id:tss-cocokara:20180928115434j:plain

 

踊り終わった後は、絵本の読み聞かせ

f:id:tss-cocokara:20180928120038j:plain

 

日本語の絵本を通訳さんが訳して子どもたちに伝えてくれました。

真剣にきいてくれる子どもたちに、自然とこちらも力が入ります。

 

f:id:tss-cocokara:20180928120740j:plain

徐々に慣れ、次第に私たちも子どもたちも笑顔が見られるようになりました。

 

時間にしてみれば2時間ほどでしたが、うまく交流できた参加者もいれば、そうでない参加者もいました。 

 

「国際交流って難しい、、、」

「国際交流って楽しい!!」

 

外国人と交流するためにはどうすればいいのか、子どもたちに喜んでもらうにはどうすればいいのか、そんなことをホテルに帰ってみんで考えました。

 

 

みんないろんな感情を抱え、ホーチミンをあとにして、カンボジアの首都ブノンペンへの飛行機に乗り込みました。

 

つづく

 

 

かも!

 

f:id:tss-cocokara:20181002165237j:plain

ベトナム独立の父ホーチミン

社会活動☆宿泊編☆

ココカラでは、今回社会活動プログラムで

9月28日~29日に県立里美野外活動センターへ宿泊に行ってきました!

 

ãçç«éç¾éå¤æ´»åã»ã³ã¿ã¼01ãã®ç»å

施設に到着後は、夕飯つくり班と次の日のネイチャークラフトの材料集めに

山へ行く班に別れて活動をしました。

 

【カレーつくり班】

f:id:tss-cocokara:20181003093923j:plain

ココカラファームで収穫した野菜がたくさん入ったカレーライス。美味でした♡

f:id:tss-cocokara:20181003093806j:plain

 

【ネイチャークラフト材料集め班】

f:id:tss-cocokara:20181003093916j:plain

山の中では牛が草を食べていたり、キツネの鳴き声や、猪が歩いた足跡があり自然を

満喫しながら散策できました

f:id:tss-cocokara:20181003093753j:plain

キャンプファイヤー

f:id:tss-cocokara:20181003093811j:plain

夕飯の後は、キャンプファイヤーを実施しました。火の神にメンバーさんが扮して

場を盛り上げてくれました。山の夜は少し肌寒かったですが、燃える炎と楽しいイベントで心身が温まり楽しい夜を過ごせました♪

f:id:tss-cocokara:20181003093908j:plain

f:id:tss-cocokara:20181003093742j:plain

【ネイチャークラフト作り】

f:id:tss-cocokara:20181003100144p:plain

山で拾ってきた木の実や葉や枝をグルーガンで木の台に貼り付けて作品を作りました

f:id:tss-cocokara:20181003093651j:plain

f:id:tss-cocokara:20181003093737j:plain

完成した作品

f:id:tss-cocokara:20181003094117p:plain

 

【BBQ】

f:id:tss-cocokara:20181003093700j:plain

2日目の昼食ではバーべーキューをしました。台風の影響で小雨が降ってきましたが

皆で楽しく自然を感じながら食事を堪能できました☆

 

f:id:tss-cocokara:20181003093928j:plain

 

今回宿泊した「県立里美野外活動センター」は標高700mの自然豊かな里美高原に位置し周囲を山々に囲まれ貴重な野生の動植物がのびのびと生きる環境でした。また、眼下には里見牧場が広がり、普段の生活では得られない自然体験を通じて改めて私たちは自然や動植物と共存して生きているのだと実感しました。そして今回の社会活動を通して私たちが住んでいる地球にある自然の恵みや・神秘などを、皆と一緒に再発見し感動を分かち合うことができました。自然体験は心と体を豊かに育む効果があるなと感じた2日日でした。

今から来年の宿泊活動も楽しみです♪

 

以上 スタッフの廣瀬でした。

お好み焼きパーティー&ココカラのど自慢大会

9月の社会活動プログラム 第二弾

 

 

今回はメンバーさんの発案で『ココカラのど自慢大会』&『お好み焼きパーティー』

そして同時開催『カンボジアバザー』と、盛りだくさんの企画でした!

 

 

スタートは お好み焼きパーティー』

f:id:tss-cocokara:20180920143200j:plain f:id:tss-cocokara:20180908165947j:plain

みんな思い思いのトッピングをのせてオリジナルのお好み焼きの完成!

 

f:id:tss-cocokara:20180910104930j:plain f:id:tss-cocokara:20180910104919j:plain

 

f:id:tss-cocokara:20180920142437j:plain

みんなで美味しくいただきました😋

 

 

こちらはカンボジアバザー』

カンボジアスタディツアーに参加したメンバーが中心となって開催された

今回のバザーではカラフルでオシャレな小物が女性スタッフに大好評でした!

f:id:tss-cocokara:20180908165854j:plain f:id:tss-cocokara:20180908165204j:plain

バザーの売り上げの一部は今後のウナロムの活動資金として活用されます!

 

 

今回のメインイベント

『第1回ココカラのど自慢大会‼』には総勢13名のメンバーさんがエントリー✨

 

みんな自慢の歌声と見事なパフォーマンスで会場を楽しませてくれました😊

 

 

 

f:id:tss-cocokara:20180920142429j:plain



ココカラのメンバーは本当に芸達者が多いですね😲

 

大盛況だったのど自慢は,早くも第2回を期待する声も上がっているとか⁉

次回も楽しみですね!!